個人輸入代行について

医薬品の個人輸入とは?

個人輸入とは、海外の製品を個人で使用することを目的として海外の販売会社より個人が購入すること、輸入代行業者を通して海外より輸入することであり、個人輸入による医薬品、医薬部外品は個人使用に限り一定量の輸入が認められております。
個人輸入は認められていても、個人で直接外国から輸入する場合、言語や支払方法の手続きが容易ではありません。
この個人が輸入するにあたり、専門業者に輸入を依頼して代行させることを「個人輸入代行」と称しています。

当店は、上記「輸入代行業者」にあたり、利用者の申し込みにより、ドクタープラスにて、個人輸入をお客様に代わり業務代行させて頂きます。

送り先が会社・勤務先の場合、また男性用の医薬品は男性名、女性用の医薬品は女性名でない場合、個人輸入と認められず通関の際、お荷物が差し止められる事がございます。この場合、商品は没収となる可能性がございます。十分ご注意ください。

個人輸入代行のイメージ図
ご注意:
厚生労働省は、個人輸入に対して、「医薬品、医療機器等の個人輸入は、危険性と必要性をよく考えて」との注意勧告をしています。利用は個人の責任となるために、十分な知識を得たうえで、個人輸入しなければなりません。

医薬品の個人輸入の数量には制限があります

個人が個人利用するために輸入する場合又は海外から持ち帰る場合は、輸入できる数量が以下のとおり制限されています。
輸入代行で依頼する場合も同等となります。

  • 医薬品又は医薬部外品・・・・・・・・・・・・2ヶ月分以内
    • ただし、毒薬、劇薬及び処方せん薬は1ヶ月分以内
    • 外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん薬は除く)は1品目24個以内
    医薬部外品・・・
    養毛剤、浴用剤など人体への作用が緩やかなもの
    処方せん薬・・・
    使用に当たって処方せんの交付が必要な医薬品
    外用剤・・・
    軟膏、点眼剤など
  • 化粧品・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1品目24個以内
  • 医療機器・・・・・・・・・・・・・・・・・・1セット(家庭用のみ)
    • 電気マッサージ器などのうち家庭用のものに限る

輸入が禁止されている医薬品

覚せい剤(アンフェタミン、メタンフェタミンなど)は、覚せい剤取締法によって、輸入できません。
麻薬又は向精神薬を輸入する場合は、麻薬及び向精神薬取締法によって、地方厚生局長の許可が必要です。申請窓口は麻薬取締部。
「ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)」に基づき、自由に輸入できない医薬品や医薬品原料があります。

当社は上記の禁止されている医薬品・医薬品原料の輸入代行はできません。

個人輸入に関しての公的機関

個人輸入に関して、 もっと詳しい内容をお知りになりたい場合は、以下までご相談下さい。

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器に関しては、通関する税関を担当する地方厚生局薬事監視専門官にお尋ね下さい。

  • 関東信越厚生局(函館税関、東京税関及び横浜税関)
    電話 : 048-740-0800    FAX : 048-601-1336
  • 近畿厚生局(名古屋税関、大阪税関、神戸税関、門司税関及び長崎税関)
    電話 : 06-6942-4096    FAX : 06-6942-2472
  • 九州厚生局沖縄麻薬取締支所(沖縄地区税関)
    電話 : 098-854-2484    FAX : 098-834-8978

麻薬、向精神薬、覚せい剤等に関しては、厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課あへん係にFAXにてお問い合わせください。

FAX : 03-3501-0034

ワシントン条約に関しては、経済産業省にお問い合わせ下さい。

経済産業省貿易経済協力局貿易管理部貿易審査課
電話 : 03-3501-1659

個人輸入に関しての厚生労働省のURL(英語版)
http://www.mhlw.go.jp/english/topics/import/index.html

関税について

合計¥ 15,000以上の商品の輸入については課税対象となる場合がございます。
こちらお客様負担となりますのでお受取りの際にお支払いください。
商品代金によって課税額が違いますが、商品代金の(13~15%)が相場となります。
また関税の都合上、複数商品をご購入された場合、分納させて頂く場合がございますのでご注意ください。

商品の配送の遅延や欠品について

当サイトのサービスは個人輸入代行となり、サイト内にて掲載させていただいております商品は在庫を保有しておりません。
そのため銀行振込などの決済を選択しご注文した際、ご入金前に商品が欠品・取り扱い終了される恐れがあります。
又、発送国の天候や郵便業務の混雑状況、政治状況により大幅な延着が発生する場合がございます。

ご注文のキャンセル・クーリングオフについて

商品発注前まで可。また当サイトは個人輸入代行となりますので、クーリングオフは適用外とさせて頂きます。

商品の受け取り拒否・保管期限切れについて

当社の商品は全て海外発送となり、不在保管期限切れや宛て所不明による返送、または不在票が入らずに返送された場合など、お受け取りになれなかった場合の商品は全て破棄処理となります。
この場合、当店では返金や再送などの保証は致しかねますので、発送先の記入ミスや保管期間など十分ご注意頂きます様宜しくお願い致します。

商品発送完了後、当社から送られる発送確認メールにて追跡番号をお知らせ致します。ご確認の上、確実なお受け取りを宜しくお願い致します。

ご使用は自己責任となります

当社は、安全性に問題のある医薬品、化粧品は取り扱わないようにしていますが、効果の高い医薬品・化粧品は、常に副作用の危険性がございます。
又、健康にご不安のある方、治療中でお薬の服用がある方は必ず担当医、薬剤師指導の下でのご使用をお願い致します。

ご利用に際しては、医薬品という性質上、体格差での効果の違いや副作用の恐れがある事も事前に了承し、適正に使用して下さい。
使用について、十分な知識のない方は医師や薬剤師に、確認後に利用されることをお勧めします。

当社は、お客様より御依頼を受けたメーカー正規品等をお届けいたしますが、お客様の医薬品の使用についての責任は一切免責となります。

個人輸入代行は、下記の誓約事項をご確認の上ご依頼ください

当社の輸入代行業務はお客様からのご依頼に基づいたものとなります。
お客様が、個人輸入される製品について製品名および製品情報を熟知した上で、お客様が個人輸入の代行を当社に依頼するものです。
この事を確認する必要がありますので、下記項目にご同意下さい。尚、ご注文と同時に下記項目に同意されたものとなります。

  1. 私は自己の行動に責任を持てる20歳以上です。未成年ではありません。
  2. 私は海外の医薬品等を輸入する必要性がある為、「ドクタープラス」に個人輸入代行を依頼致します。
  3. 私は個人輸入したい製品が決まっており、また輸入しようとする製品について『製品名・効能効果・副作用』を熟知しています。
  4. 注文する輸入商品は私個人で使用いたします。日本における薬事法に違反する行為(代理注文および他人への譲渡・転売)は一切行いません。
  5. 万一、使用上いかなる問題が生じても、第三者(当社を含む)に責任追及・訴訟・補償請求は一切行いません。商品は私個人の責任において使用致します。
  6. 代金支払後のキャンセル要求は致しません。
  7. 日本における薬事法上で制限されている数量を越えての注文(他社への同時注文も含む)は致しません。